全国に展開しているソフトバンクショップでは、多くの店舗で求人情報が掲載されています。全国の店舗から募集要項を確認できるホームページが公式に用意されているので、条件を比べてから応募先を決めると良いでしょう。詳細部分については、実際に応募して面接時に確認する必要がありますが、比較検討する所から始める必要があります。正社員だけでなく契約社員やアルバイトとしての求人が一斉に出されているので、希望する雇用形態を選択することから始めなければならないでしょう。直営店はごく一部に限られており、運営会社が代理店契約により店舗を運営しており、実質的には運営会社を選ぶことになるわけです。運営会社へ就職する際には、雇用契約条件が異なるので、慎重な判断が必要となるでしょう。

モデルケースの報酬額は実際に受け取れる額では無い

ソフトバンクショップの求人情報では、運営会社によって異なる給与額が提示されています。報酬体系が異なるので、一概に比較は出来ないものの、募集要項から読み取れる範囲で一旦整理してから応募先を決める必要があります。モデルケースの報酬額のみが提示されている運営会社には得に注意が必要です。なぜなら、運営会社がモデルケースとして提示している給与例は、資格手当や残業代が含まれているものです。未経験者から入店してモデルケースに到達するためには、並々ならぬ努力と才能が必要になる可能性があり、誰でも到達可能な水準ではありません。固定給として基本給のみが明示してあると、給与が安すぎると感じられますが、資格を取得して手当まで入れた時の手取り額に差があるとは限らないわけです。

キャリアプランを考えて応募先を検討したい

運営会社への応募が大半となるので、ソフトバンクショップの求人への応募をしても、将来的には別部署に移動になる可能性があります。応募要項に記載されている情報から、運営会社について応募検討時点から詳しく調べておくことも重要です。なぜなら、ソフトバンクショップのスタッフとして定年まで働けるとは限らないからです。携帯販売店販売店自体がはるか昔からある仕事では無く、永久にあるとは限りません。就職後のキャリアプランを考えた上で応募しないと、中高年となった段階で転職を行なうのは厳しいでしょう。技術職とは異なり、営業色が強い職種ほど、同業種以外への転職には準備が必要となるからです。運営会社が事業拡大の一貫として携帯販売店を行っているのであれば、自らのキャリアプランと合致している部署があるか最初から確認しておいても良いでしょう。