ソフトバンクショップの求人は、公式サイトにも公開されているように、全国的に多く募集されています。地域ごとに大きな給与面の違いがあると思われがちですが、住居費の高さを考えると差は少ないと考えられるでしょう。住居手当を出している運営会社の数が少ないと思う人がいるかもしれません。直営店では正社員よりも契約社員やアルバイトを募集する傾向が強いので、大半を占める代理店契約を結んだ運営会社に正社員雇用が多いことを考えると、違いが明らかです。直営店では、単なる販売員を募集しており、運営会社では会社を支える人材を求めているという違いがあります。募集広告の内容から直営店と代理店の区別が付きやすいので、募集要項を確認する時に直営店と代理店を比べてみると良いでしょう。

基本給と資格手当を詳細に明記している所は少ない

気になった店舗があった場合には、公式求人サイトでソフトバンクショップの募集要項を確認します。運営会社がどこなのか確認した上で、運営会社のホームページをチェックすると良いです。全体の社員数と業務内容を確認出来れば、安心出来るでしょう。募集内容として給与面を詳しく比較すると、基本給に資格手当が付いて、残業を多少すれば給与はいくらですといった内容が公開されています。具体的な資格手当てと残業量について記載されている所は無く、概ね概算程度の例が掲載されている程度に過ぎません。現実に受け取れる給与額が少ないと、勤労意欲に響いてしまうので、しっかりとした情報公開をおこなわなければならないでしょう。携帯電話販売時の重要事項説明同様に、明確な案内基準を設置している運営会社ならば安心して利用可能です。

モデルケースでの給与例は参考にならないと知っておきたい

求人広告に掲載されているモデルケースでの収入例は、ソフトバンクショップの勤務状況としては現実を相当程度振り切った状態となっています。入社後の初任給ではなく、1年後または3年後といった時期に受け取った人がいる報酬額が掲示されます。1年経過後に年収が400万円以上にアップすると明記されていても、あくまでも報酬額として未経験者から始めた人とは限りません。他業種で接客業経験者であったり、元々は併売店出身で携帯電話販売に慣れていてコツを掴むことが早いなど、とても未経験者が到達出来る水準では無い可能性が高いでしょう。面接時には、現実的な収入額を再計算してもらえれば、安心して働き続けることが可能です。ソフトバンクショップの求人内容は、じっくり比較検討して中身を見抜く必要があります。