通信業界で働くと、収入が良く福利厚生が充実していることで人気の職種と言えます。憧れの最新機種に囲まれて、接客や人と話すことが好きな人はいいかもしれません。しかしながら通信業界で働くには、ハローワークに掲載されていないので、募集されているかどうかを探す方法がかなり限られたものになります。多くの通信業界の募集は多くの場合派遣会社が行っていることがあり、派遣会社を通して就職するか、もしくは店頭の募集の広告を貼っている代理店独自で募集している場合に応募することができます。ではここでそのような通信業界で、特に今回はソフトバンクショップで働くにはどうすればよいのでしょうか。さらに就業するうえで気を付けるべきどんなことがあるのでしょうか。なかなか携帯業界の知られざる求人情報についてここで紹介していきたいと思います。

ソフトバンクショップへの求人の探し方

一般的に携帯販売の求人はハローワークには出ないので、インターネットから探すことになります。ショップの一部では、店頭に募集のポスターが貼られていることもありますので、気になるお店があったらこまめに前を通ってみるのもいいかもしれません。多くの場合、派遣会社経由でお店に入ることになりますので、インターネットで調べた方が早いことがあります。ネットで調べて気になる募集情報があったら、そのまま募集に応募します。応募の方法は、ボタンを押すと募集の申込フォームに進みますので、必要事項を入力し、最後に送信します。派遣会社によっては履歴書と職務経歴書の提出が求められますので、予め準備しておきます。派遣会社によっては、事務所は現地にあるものの面接は別の都市になる場合もありますので注意しましょう。

ソフトバンクショップでのお仕事

実際にお仕事が始まると、販売契約のほかにも様々な業務を行うことになります。ソフトバンクの場合はほかの会社と違って、スタッフの成長が早い特徴がありますが、その裏は、早い段階から様々な業務をこなすことになりますので、一度にたくさんのことを覚える必要があります。コツは、書いて覚えるよりも体で体験して覚えた方が早く成長します。経験を繰り返していくと機械の扱いにも慣れていきますので、頭で覚えるのではなくて、体験を通して覚えるようにしましょう。さらに就業時間は10時から20時となりますが、実際のところは10時開店になりますのでそれまでに出勤する必要があります。さらに1日のまとめがありますので1時間くらいは毎日残業があると思っておいて間違えは無いでしょう。